電子物理研究室概要

電子物理研究室のWebサイトへようこそ!

            金沢大学 理工研究域 電子情報学系
教授 森本章治

chamber_3

当研究室では「光と電子」、「技術と物理」、「プロセスと材料」をキーワードに「酸化物エレクトロニクスに関する研究」を主に行っています。
酸化物エレクトロニクス

酸化物の中でも強誘電体を研究の中心に置いています。強誘電体は電界印加によって発生した電気分極が電界除去後も残留分極として残るため、メモリ、アクチュエーター、センサー等に応用されています。
電気分極

当研究室では、強誘電体薄膜と各種半導体・電極との積層構造を、パルスレーザ堆積法や熱蒸着法等の薄膜作製法を用いて作製し、強誘電体が有する残留分極を応用した新しい電子デバイスの開発を目指しています。対象とする新しい電子デバイスは、強誘電体太陽電池、強誘電体抵抗変化メモリ等です。
PLD

酸化物エレクトロニクスのさらなる発展のため、高品質な酸化物電子材料薄膜及びそれらを利用したデバイス作製をめざして、パルスレーザ堆積(PLD)法による薄膜堆積を研究の中心にしています。